屈折万歳!

これから、本を山積みにしようとしている書斎の中の広い机を前にして、椅子にもたれながら綴る読書本の紹介です。


今回紹介する本は、小島慶子著、「屈折万歳!」です。


本書、岩波ジュニア新書で10代向けに書かれた本なんですね。


書店で、あっ、小島慶子さんの書いた本だということで手に取った本です。



人生いろいろあるけどそう捨てたもんじゃないよという彼女の10代に向をけてのアドバイスです。


この本を読んで初めて知りましたが、小島慶子さんは摂食障害や不安障害を発症されていたことがあるんですね。


そういう経験を経て、彼女が得た人生に対する考え方を伝えています。


たまには、こういう本もいいですね。