日本製造業の復活の兆し

最近は、経営状況が悪いことで登場する日本の電機メーカーだが、復活の兆しを示すようなニュースが流れている。


一つは、パナソニックソニーが4Kテレビをラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で発表している。


前年は韓国勢に押されていたのが、技術的にはまだ負けていないことを顕示したということ。


マーケットとしては、まだらしいが、日本企業の意地を見ることができたのではないだろうか。


また、ホットな話題としてはシャープがサムスン電子と業務提携。


経営的には苦しいことには変わりはないかもしれないが、それを打開し前進していくための布石と考えたい。


そして、今日、MSNに出ていたが、富士通が開発し、バルセロナのイベントで発表された高齢者向け「次世代つえ」。


これは海外でも話題になっているらしい。


これから高齢化を迎える先進国に潜在的なニーズがある可能性が大きい。


なんか、これらのニュースを見ると、電機メーカーをはじめとする日本製造業の復活の兆しに感じてしまう。


是非、そうあって欲しいものだ。